Blog

伝えたいこと
そのままに。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ブログ
  4. ピーターの法則

ピーターの法則

 

ピーターの法則とは、組織を構成する全員がそれぞれ能力を伸展させ続けなければ組織は有効に機能しなくなるという社会学の法則です。

組織の中では、人は能力に見合わない地位において活躍することができないという指摘となります。

1969年、南カリフォルニア大学教授の教育学者ローレンス・J・ピーター(Laurence J. Peter)著「THE PETER PRINCIPLE」の中で提唱された法則です。

法則は以下3点に要約されます。

  • 能力の限界まで出世すると、有能な人も無能な管理職になる。
  • 無能な人は今の地位に落ち着き、有能な人は無能な管理職の地位に落ち着く。その結果、各階層は無能な人で埋め尽くされる。
  • 組織の仕事は、出世余地のある無能レベルに達していない人によって遂行される。

 
ピーターの法則は、どの企業でも直面する問題です。出世のキャリアを管理職になること以外にも設け、必要なスキルを明文化し、実際にテストしながら配置転換を行っていくことで、「無能な管理職」という問題を打破しましょう。

 

 

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事