Blog

伝えたいこと
そのままに。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ブログ
  4. マクロビオティック

マクロビオティック

 

マクロビオティック(マクロビ)とは

マクロビオティックというと、ストイックなイメージを思い浮かべる方も多いかもしれませんが、マクロビオティックとは、穀物や野菜、海藻などを中心とする日本の伝統食をベースとした食事を摂ることにより、自然と調和をとりながら、健康な暮らしを実現する考え方です。

 

マクロビオティックの語源

「マクロビオティック」は、「マクロ=大きな」「ビオ=生命」「ティック=術、学」の3つの言葉からなっています。古代ギリシャ語を語源とした、「自然に即した命のあり方」という意味です。

 

マクロビオティックのはじまり

マクロビオティックは、桜沢如一氏(1893~1966)が、石塚左玄の「食物養生法」の考え方と、東洋思想のベースとなる中国の「易」の陰陽を組み合わせた、「玄米菜食」という自然に則した食事法を提唱したことからはじまりました。その後1950年以降、久司道夫氏によってマクロビオティックが体系化され、欧米を中心に広まりました。

 

マクロビオティックの二大原則

マクロビオティックでは、身土不二(しんとふじ)と、一物全体(いちもつぜんたい)という2つの原則があります。

身土不二(暮らす土地の旬のものを食べること)
人間も植物も生まれた環境と一体という意味です。例えば、熱帯地域でとれるフルーツには体内の熱を下げる働き、寒い地域でとれる野菜には体内を温める働きがあり、四季のある日本では、季節ごとの旬の食材をとることで、からだのバランスがとれるという考え方です。

一物全体(自然の恵を残さず丸ごといただくこと)
ひとつのものを丸ごと食べる、という意味です。食材そのものは、丸ごとでバランスがとれており、穀物なら精白していない玄米、野菜なら皮や葉にも栄養があり、全てを摂ることでからだのバランスがとれるという考え方です。

 

マクロビオティックの陰陽バランス

マクロビオティックでは、すべてのものに「陰」と「陽」がある、という考え方があります。
陰性とは遠心力・静かなもの・冷たいもの・水分の多いものなどを指します。
陽性とは求心力・動きのあるもの・熱いもの・水分の少ないものなどを指します。
マクロビオティックではこの陰性と陽性のバランスがとれた状態(中庸)を大切としています。

 

食材の陰陽バランス

陰性の食材とは上に向かってのび、からだを冷やす作用があり、陽性の食材とは地中に向かってのび、からだを温める作用があると考えられています。旬の食材を例にすると、夏のキュウリ(陰性)は、ほてったからだから熱をとり、冬のゴボウ(陽性)は、冷えたからだを温め、わたしたちのからだのバランスをとる手助けをしてくれます。マクロビオティックでは陰陽どちらにも極端に傾きすぎないほうが良いとされているので、穀物や根菜、豆類などを食材の中心とします。

 

マクロビオティックと自然のバランス

このような食事法は自然環境とのバランスにおいても関わりが深いことです。例えば、暮らす土地でとれた野菜を積極的につかうことは、その野菜が新鮮でからだに良いだけでなく、野菜の物流に伴い排出されるCO2の削減にもつながります。また、いままで捨てていた皮や葉などもおいしく食べられることは、キッチンからでるごみの減少にもつながります。
マクロビオティックとは「自然と調和をとりながら、健康な暮らしを実現する」という考え方です。
これを参考にしてあまりストイックになりすぎずに、あなたに合ったマクロビオティックライフを楽しんでください。

(出典︰マクロビオティックの基本)

 

マクロビオティックの具体的実践効果

身体的側面
・健康を維持し、体力を強化することができる。
・美肌をつくる。健康的にダイエットできる。
・よく眠れるようになる。
・体質改善ができる。(便通、にきび・吹き出物、冷え症、体臭など)
・よい体質を子どもに残すことができる。
・成人病を防ぎ、老化現象を和らげる。
(糖尿病や癌になる確率が下がる。血圧が正常になる。血行がよくなるなど)

精神的側面
・気持ちが明るくなり、ストレスが少なくなる。
・精神が強くなり、生きていく気力が高まる。
・頭が冴え、判断力が向上し、さまざまな問題に対処しやすくなる。
・生活習慣が改善され、運がよくなる。
・人間関係が円滑になる。

社会的側面
・自然な農業や土地を守ることにより、エコロジーに役立つ。

(出典︰マクロビオティックWeb)

 

資格取得の最短ルートは?

マクロビオティックの資格には公的なものは今のところなく、民間の団体が実施している講座を受講して資格認定を受けるのが唯一のルートです。資格によってカリキュラムの内容や受講スタイルが大きく異なるので、受講前にしっかりと確認しておきましょう。受講期間も2日から1年間とかなり幅がありますが、長期間のものほど勉強することが多いとは一概には言えず、受講の頻度や1回の授業時間などにもよりますので、注意が必要です。できるだけ短期間で資格を取得したいという人は、短期集中コースのある通学講座がオススメです。1日の授業時間は長くなりますが、そのぶん効率よく勉強を進めることができます。仕事と両立して通学する人のために週末に授業を実施している学校もありますので、ライフスタイルに合わせて検討しましょう。

 

どの資格をとるのが一番いい?

マクロビオティックの資格はさまざまありますが、どれを選ぶのが一番よいとは一概には言えません。各自の目的や予算に合わせて比較検討のうえ、最適な資格を選ぶのがよいでしょう。代表的なものには、以下のような資格があります。資料や各団体のホームページと合わせて、チェックしてみてください。

マクロビオティックセラピスト

通信講座で取得できるマクロビオティック資格です。テキストを見ながら好きな時間に勉強を進められるので、仕事や家事と両立して資格を取得したい人にもピッタリです。受講期間は約半年。JADP認定資格なので、知名度も抜群です。

マクロビオティック検定A級・S級

国際マクロビオティックアカデミーによる認定資格です。A級は比較的基礎的な内容、S級は専門的な内容と、レベルに応じて資格を選ぶことができます。受講期間は半年から1年間。月1~2回程度の授業が行われます。基本的には通学ですが、通信講座を行っていることも教室もあるので、必要な場合は問い合わせでみましょう。

クシマクロビオティックス・コンシェルジュ

前項でもご紹介した認定資格です。調理の知識や技術が必要ない人には、短期間で取得できるので最適な資格と言えるでしょう。

 

資格・スキルの活かし方

マクロビオティックの資格はいくつかありますが、どれも講座を受講して取得を目指すものが多くなっています。資格を取っておくと、正しい知識を持っていることの証明になるほか、人に教える場合や仕事に活かす場合にも役立ちます。たとえば、飲食業に携わる方は、人気が高まっているマクロビオティックをメニューに取り入れることで新たな客層からの支持を獲得できるでしょう。また、アロマやマッサージなど癒しの業界で仕事をしている場合には、通常の施術に加えて食のアドバイスもできれば信頼も高まり、他と差別化することができます。マクロビオティックを活かせる仕事を業種別にチェックしてみましょう。

 

 

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事