Blog

伝えたいこと
そのままに。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ブログ
  4. 無知の知

無知の知

 

古代ギリシアの哲学者であるソクラテスは「無知の知」という考え方を基本としました。

この言葉は、「無知の知」ではなく、「不知の知」という表現が正しいとする論もあります。

「無知」とは、知識が欠けることや愚かなことを意味していますが、ソクラテスが自覚しているのは「知らないこと=不知」であるためです。

要するに「自分がいかにわかっていないかを自覚せよ」ということです。

これが物事を自分の頭で考えるための第一歩です。

 

無知は罪なり
知は空虚なり
英知持つもの英雄なり

 

 

 

 

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事